不妊の原因 | 人になかなか相談しにくい女性の病気のコト

人になかなか相談しにくい女性の病気のコト

医師2人

不妊の原因

原因を突き止める

不妊の原因には様々な事が考えられます。
まだ妊娠についてのメカニズムは全てがはっきりと解明されている訳では無く、まだ不明瞭な部分も多いのです。
しかし、一定の部分については原因とその治療についての流れが確立されています。
まず、不妊の原因を大きく分けると、女性不妊と男性不妊があります。
原因がどこにあるかで分けており、適切な治療をする事で妊娠する事が可能となります。
不妊治療を思いとどまっている人の考えには、不妊症だという事がはっきりと分かり、原因が一方にある事が判明する事が夫婦をギクシャクさせてしまうのではないかという点です。
多くの人がそのような不安を抱えて来院するのですが、不妊検査はそのような原因をどちらか一方預けるものではありません。
問題を正面から捉えて、妊娠に改めて夫婦で向かい合う良いきっかけとなる事が多いです。
治療を通して、さらに夫婦の絆が深まったという人も多いです。
まずは二人で問題を共有する事が、不妊治療の第一歩だと言えます。

女性側の原因

女性に妊娠が難しい因子がある場合は、卵巣の問題や排卵自体が起こらない「排卵障害」や卵管の詰まりなどによる「卵管障害」、子宮頚管の「精子通過障害」や「子宮の着床障害」があります。
女性の場合は年齡とともに卵巣の働きが低下する傾向があり、またホルモンバランスによっても排卵に影響のある場合が多いです。

男性側の原因

俗にEDと呼ばれる「勃起障害」や精子が上手く体内で運ばれない「精路通過障害」、精子の動きが悪くなる「膿精液症」や元気な精子が作れない「造精機能障害」があります。

Copyright© 2015 人になかなか相談しにくい女性の病気のコトAll Rights Reserved.