病院の検査 | 人になかなか相談しにくい女性の病気のコト

人になかなか相談しにくい女性の病気のコト

医師2人

病院の検査

病院で行なう事

病院で検査や治療を行なう事で、妊娠する可能性が高くなります。
多くの不妊を扱う病院や不妊治療専門のクリニックでは、まずは門信徒検査を行います。
すぐに治療を行なうのではなく、原因にあった治療を行なう事で確実な効果が期待出来るからです。
検査は、女性はもちろん、男性にもあります。
一般的に不妊外来のある大きな病院や不妊治療専門のクリニックなどでは、夫婦一緒に来院する事も多いので、どちらの検査にも対応しています。
しかし中には、男性の検査が出来ない病院やクリニックもあるので、事前に各人が必要です。

女性側の検査

原因を突き止める為に行なう検査についてはいくつかあります。
まず、子宮や卵巣を診察する「内診・経膣超音波検査」があります。
細い超音波プローブと呼ばれるものを膣から挿入して子宮筋腫や卵巣の以上をチェックします。
そう聞くとなんだか怖いのですが、実際は女性の看護師が付いていて、痛みなどのないように声掛けやサポートをしてくれる所が多いです。
また、子宮の形や卵管が閉塞していないかを確認する「卵管造影検査」やホルモンの値を調べる血液検査があります。
女性は生理があり、その周期によって行える検査と行えない検査があります。
その為、何度か原因を特定する為の検査を行なう為に通院する必要があります。

男性の検査

男性の検査は、精子量や濃度、また運動率や運動の質などをチェックする精液検査があります。
禁欲期間が2~7日ほど必要で、また時間が経つと精子の運動量などは落ちる原因になるので、病院で取るのが望ましいと言われています。
不妊の原因となるのは、精液以外にも、ホルモンや無精子症の検査があります。

Copyright© 2015 人になかなか相談しにくい女性の病気のコトAll Rights Reserved.